食事で予防しよう

食事で予防しよう

胃がんにならないためには、どのような食事を心がければよいのか・・・。食事面から、胃がんの予防方法をわかりやすく説明しています。また、再発防止や免疫力を高める食事法について知ることができます。

食事で予防しよう記事一覧

胃がんになりやすい食事

それでは、胃がんになりやすい食事とは、どのような食事なのでしょうか。胃がんは、日本において、発症率の高いがんの1つです。その理由として、高塩分の食事が考えられます。とくに、塩魚や漬物といった塩分の高い食事は、胃の粘膜に負担をかけてしまいます。少し前の北陸や東北では、胃がんの患者さんが、非常にたくさんいらっしゃいました。それは、この地方特有の食生活にありました。この地域は、冬が長く、雪におおわれているため、食物を塩漬けにする習慣がありました。現在は、新鮮な野菜や果物が年中食べられるので、そのようなことはありませんが、以前は、塩分をたくさん使用した食品が、テーブルに並ぶことが多くあったため、このよ...
続きはコチラ

予防のための食事

胃は、食べ物を消化する働きをする場所であることから、食生活との関わり方も深く、胃がん予防には食生活が大きく影響しています。ですから、胃がん予防の1つとして、食生活を見直してみましょう。まず、胃がん予防には、塩分を控えることが大切です。塩分の過剰摂取は、胃の粘膜を傷つけてしまいます。この状態を繰り返すと、胃に負担がかかり、ガン化することもあります。そして、喫煙、多量のアルコール摂取も、できるだけ控えましょう。これらも、たばこを吸わない人や、お酒を飲まない人に比べ、胃がんのリスクを高めます。その差は、約3倍から5倍と言われています。そして、焦げた食品や、カビの生えた食品も、避けるようにしましょう。...
続きはコチラ

再発防止に効果のある食事

胃がんの再発防止には、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか。胃がんに関しては、>とくに塩分の摂取量を控えることが大切です。がん予防のために推奨される1日の塩分摂取量は、6g以下とされています。しかし、日本人の1日あたりの平均塩分摂取量は、約13gとなっています。ですから、意識的に塩分を控えないと、6gという量に抑えることは困難です。まずは、この平均値より下げることからでも、はじめてみましょう。そこで、塩分を控えるための食事のポイントを紹介します。まず、みそ汁などの汁物は、1日1杯までにしましょう。そして、漬物やつくだ煮は、なるべく避けるように心がけます。また、調味料は知らないうちに多めに...
続きはコチラ

免疫力を上げる

がんの予防の1つとして、また、がんに対する抵抗力をつけるために、免疫力を高める方法があります。そこで、免疫力を高めるためには、どのような食事を心がければよいのでしょうか。まず、おすすめの食材として玄米があります。玄米には、糖質をはじめ、たんぱく質、脂質が含まれ、さらに、ビタミンバランスも整っています。また、ミネラルも豊富で、健康な細胞をつくるのに、非常に良い構造をしています。ですから、玄米に少しおかずを加えるだけで、必要な栄養分が十分摂取することができます。そして、玄米は、体を冷やさない効果があります。近年、低体温、低血圧、冷え性の方が多く、これらの要素を持ち合わせている人は、血液の循環が悪い...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る