胃がんになりやすい食事

胃がんになりやすい食事

それでは、胃がんになりやすい食事とは、
どのような食事なのでしょうか。

 

胃がんは、日本において、発症率の高いがんの1つです。
その理由として、高塩分の食事が考えられます。
とくに、塩魚や漬物といった塩分の高い食事は、
胃の粘膜に負担をかけてしまいます。

 

少し前の北陸や東北では、
胃がんの患者さんが、非常にたくさんいらっしゃいました。
それは、この地方特有の食生活にありました。
この地域は、冬が長く、雪におおわれているため、
食物を塩漬けにする習慣がありました。

 

現在は、新鮮な野菜や果物が年中食べられるので、
そのようなことはありませんが、
以前は、塩分をたくさん使用した食品が、
テーブルに並ぶことが多くあったため、
このような状況でした。

 

胃がんは、食生活との関わりが大きく、
食生活を見直すことで、予防も可能です。
最近の研究では、野菜や果物の摂取が、
胃がん予防に有効であるというデータもあります。
これらの野菜や果物に含まれるβカロチンやビタミンC、
ビタミンEなどが、細胞に傷がつくのを防いでくれます。

 

そして、冷蔵庫の普及が、食べ物を塩漬けにしなくても良くなり、
新鮮な野菜や果物が、年中手に入るようにもなりました。

 

このように、高塩分の食事は、
とくに胃がんに関しては、ハイリスクになっています。
少しでも、塩分を控える食事に切り替え、
さまざまな種類の野菜や果物を食べることが、
胃がん予防につながります。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る