食べ物以外のの治し方

食べ物以外のの治し方

胃がんは食事療法だけではありません。食べ物以外の治し方について、詳しくまとめました。

食べ物以外のの治し方記事一覧

開腹手術

胃がんの手術は、がんのできる場所や、進行度合いによって、いくつかの方法に分けられます。そして、開腹手術は、腹腔鏡手術や、内視鏡手術が適応できない場合に行われ、胃がんでは、標準的な手術です。まず、胃の出口辺りにがんができた場合は、幽門側切除術が行われます。胃がんは胃の下の方にできる場合が多いので、この手術が行われることが、最も多くなっています。そして、胃の上部にがんができた場合は、噴門側切除術を行います。これは、胃の上部にできた早期がんに対して行われる手術です。しかし、胃がんは下部にできることが多く、比較的この手術が行われる機会は、少なくなっています。また、胃の上部であっても進行がんの場合や、胃...
続きはコチラ

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、腹部に小さな穴をいくつか開けて、そこから、カメラを取り付けた内視鏡や、手術に必要な、さまざまな器具を挿入して行われます。そして、腹腔と呼ばれる胃や大腸などを納めている袋の中に、炭酸ガスを入れて、風船のように大きく腹腔を膨らまし、テレビモニターの画像を見ながら、がんを切除していきます。この方法は、一般的な開腹手術に比べると、体への負担も比較的少なく、入院時間も、短くて済みます。そして、体の切開部分が少ないため、痛みも少ないというメリットがあります。しかし、リンパ節郭清が難しいことや、消化管をつなぎ直す技術が、十分でないことなど、今後の課題も、いくつかあります。また、手術を行う際の視...
続きはコチラ

内視鏡手術

内視鏡手術とは、どのような手術で、どの程度の症状の方が、受けることができるのでしょうか?内視鏡手術とは、内視鏡の先端についている、スネアという金属製の輪で、胃にできたポリープを、高周波電流で焼き切る方法です。腫瘍が平らな場合は、生理食塩水を使って、がんを隆起させてから、手術を行います。この方法は、早期がんの治療として行われることがあり、患者さんにとって、比較的負担の少ない手術のため、現在注目されている手術です。しかし、内視鏡で切除できる範囲は限られており、この手術が行えるのは、リンパ節に転移していないことが、条件になります。そして、それに加え、がんが転移しにくい腺がんの早期の方で、腫瘍のサイズ...
続きはコチラ

抗がん剤による治療

がん治療の1つの方法として、抗がん剤を使用することはよく知られていますが、がんの種類によっては、抗がん剤の治療が有効ながんと、あまり効果の期待できないがんがあります。そして、残念ながら胃がんは、抗がん剤の効果が出にくいがんの1つとして、考えられてきました。しかし、近年医療の発達により、薬の種類も増え、抗がん剤を使用した治療にも、効果が認められてきています。そこで、最近は胃がんの場合、基本は手術による治療ですが、抗がん剤も、延命治療や、症状のコントロール、手術前後の補助的な治療として、用いられるようになりました。胃がんに用いられる主な抗がん剤は、TS−1、シスプラチン、イリノテカン、パクリタキセ...
続きはコチラ

放射線療法

放射線療法とは、がんと、その周辺の組織に対して、放射線を照射し、がん細胞の細胞分裂を停止させ、死滅させる治療法です。近年、放射線療法の進歩は著しく、病巣のみに照射することも、可能になってきました。そして、放射線療法のメリットとして、治療時間も短く、一回あたりが5分程度で済みます。さらに、痛みもなく、手術費用に比べると、コストもかなり低めです。デメリットとしては、全身の倦怠感、頭痛、めまい、皮膚の赤み、脱毛、食欲低下、吐き気などが起こります。しかし、しばらくすると、このような症状もなくなり、命にかかわる程の症状もありません。また、以前は、その時は症状がなくても、数年経過したのち、突然障害がでるこ...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る