腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、腹部に小さな穴をいくつか開けて、
そこから、カメラを取り付けた内視鏡や、
手術に必要な、さまざまな器具を挿入して行われます。
そして、腹腔と呼ばれる胃や大腸などを納めている袋の中に、
炭酸ガスを入れて、風船のように大きく腹腔を膨らまし、
テレビモニターの画像を見ながら、がんを切除していきます。

 

この方法は、一般的な開腹手術に比べると、
体への負担も比較的少なく、
入院時間も、短くて済みます。
そして、体の切開部分が少ないため、
痛みも少ないというメリットがあります。

 

しかし、リンパ節郭清が難しいことや、
消化管をつなぎ直す技術が、十分でないことなど、
今後の課題も、いくつかあります。
また、手術を行う際の視野が狭いことや、
手術時間が長いというリスクもあります。

 

ですから、この手術を選択する場合は、
経験豊富な医師から受けることが重要です。
上手な医師から受けることができるなら、
この手術は、より楽に行われるため、
十分価値があるといえます。

 

そして、病院を選ぶときは、
過去にどのくらいこの手術が行われているのかを、
調べておいた方が良いでしょう。

 

これらの条件を満たすことができれば、
より安心して、手術を受けることができます。
そして、この手術による5年生存率も上がってきているので、
今後、ますます増加していくことが、予想されます。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る