抗がん剤による治療

抗がん剤による治療

がん治療の1つの方法として、
抗がん剤を使用することはよく知られていますが、
がんの種類によっては、抗がん剤の治療が有効ながんと、
あまり効果の期待できないがんがあります。

 

そして、残念ながら胃がんは、
抗がん剤の効果が出にくいがんの1つとして、
考えられてきました。
しかし、近年医療の発達により、薬の種類も増え、
抗がん剤を使用した治療にも、効果が認められてきています。

 

そこで、最近は胃がんの場合、基本は手術による治療ですが、
抗がん剤も、延命治療や、症状のコントロール、
手術前後の補助的な治療として、
用いられるようになりました。

 

胃がんに用いられる主な抗がん剤は、
TS−1、シスプラチン、イリノテカン、
パクリタキセルなどです。
これらの抗がん剤を、単体で使用したり、
複数合わせて、使用する場合もあります。

 

主な副作用は、TS−1では、白血球の減少や下痢、
皮膚の色素沈着などがあります。

 

そして、パクリタキセルの場合は、
末梢神経障害や全身の倦怠感、脱毛などもあります。

 

また、シスプラチンを使用するときは、
腎機能障害を起こす可能性があるので、特に注意が必要です。

 

このように、抗がん剤も様々な種類があり、
その抗がん剤によって、副作用も異なります。
また、抗がん剤の効き方は、個人差もあります。

 

ですから、どの抗がん剤をどのような目的の為に、
どのくらいの期間使用するのか、
医師とよく相談の上、
納得してから使用するようにしましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!

抗がん剤による治療関連ページ

開腹手術
腹腔鏡手術
内視鏡手術
放射線療法

このページの先頭へ戻る