放射線療法

放射線療法

放射線療法とは、
がんと、その周辺の組織に対して、
放射線を照射し、がん細胞の細胞分裂を停止させ、
死滅させる治療法です。
近年、放射線療法の進歩は著しく、
病巣のみに照射することも、可能になってきました。

 

そして、放射線療法のメリットとして、
治療時間も短く、一回あたりが5分程度で済みます。
さらに、痛みもなく、
手術費用に比べると、コストもかなり低めです。

 

デメリットとしては、
全身の倦怠感、頭痛、めまい、皮膚の赤み、
脱毛、食欲低下、吐き気などが起こります。
しかし、しばらくすると、このような症状もなくなり、
命にかかわる程の症状もありません。

 

また、以前は、その時は症状がなくても、数年経過したのち、
突然障害がでることもありました。
しかし、最近は病巣だけのピンポイント照射が可能になり、
このような障害も、少なくなってきています。
このように、放射線療法は、
今後ますます期待のできる治療法の1つです。

 

しかし、残念ながら胃がんに関しては、
放射線による効果は低いと考えられています。
ですから、胃がんの病巣に放射線を照射する治療法は、
あまり多くありません。

 

ただし、手術で開腹した際に、
放射線を直接照射するという方法は、行われています。
この方法は、進行がんの延命に有効とされている方法で、
日本で開発されました。
そして、このやり方は、がんの周辺にある正常な臓器を、
手でよけて照射することが可能なため、
副作用が少ないというメリットがあります。

 

このように、放射線療法も、やりかたによっては、
胃がんであっても効果が得られます。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る