胃がんの種類

胃がんの種類

胃がんの種類は、浸潤(がんの拡がりや、深さ)の程度や、
組織型などにによって、いくつかに分類されます。

 

まず、胃壁への浸潤の程度によって、
早期胃がんと進行性胃がんにわけられます。
浸潤が浅いものは、早期胃がんで、
深くなると進行性胃がんになります。

 

早期胃がんは、
たとえ転移していたとしても、
がん付近のリンパ節にとどまっていることが多く、
手術で完治する可能性が高くなっています。

 

進行性胃がんは、
スキルス性胃がんも含まれます。
がんの浸潤が深くなり、進行性胃がんになると、
転移の可能性も高くなり、非常に危険です。

 

そして、胃がんは、
上皮がん、非上皮がんの2つに分類できます。
さらに、上皮がんは、腺がん、扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん、
腺扁平上皮がんにわけられます。

 

その中でも、腺がんが最も多く、
一般的に言われている胃がんのほとんどは、
腺がんのことです。
腺がんは、胃の粘膜にある細胞のガン化が、
原因と考えられています。

 

また、胃の粘膜には、粘液を分泌する腺管があります。
腺がんは、この腺管と同じような構造の管をつくりながら、
増殖していきます。
そして、その管がはっきりとつくられているものを分化がん、
乱れているものを未分化がんと言います。

 

非上皮がんは、粘膜の下層にできる癌で、
上皮がんに比べると、比較的発症率が低くなっています。
その中でも、悪性リンパ腫の発症率が最も多く、
これは、リンパ球がガン化したものです。
発症率は、腺がんの次に多いといわれていますが、
胃がん全体からみると、1%程度です。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る