原因は何?

原因は何?

胃がんになってしまう原因は、
どのようなところにあるのでしょうか。

 

胃がんになる原因の1つとして、
胃炎や胃潰瘍が関与していると考えられています。
このような症状を起こすと、胃壁の細胞が傷つき、
それを繰り返すことで、遺伝子に異変が起き、
がんを発症するという流れです。
ですから、胃炎や胃潰瘍を引き起こす原因となっているものが、
がんも誘発する原因と言えます。

 

 

そして、胃は食べ物を消化する器官であることから、
食べ物との関係も大きいと考えられます。

 

まずは、塩分の取り過ぎです。
胃の中の塩分濃度が高くなると、胃の粘膜にもダメージを与え、
発がん性物質の影響を受けやすくなります。

 

そして、喫煙も危険因子です。
たばこには、発がん性物質が含まれ、胃壁を刺激します。
喫煙者は、たばこを吸わない人の約2倍は、リスクが高まります。

 

また、大量のアルコールも注意が必要です。
適量であれば、さほど問題はありませんが、過剰に摂取すると、
胃の粘膜を傷つけます。
特に、喫煙とアルコールの同時摂取は、リスクを高めます。

 

その他、ハムやベーコンなどに使用される亜硝酸塩も、
発がん性物質を生みます。
ですから、食品添加物や焦げもできるだけ避けましょう。

 

これらの要素に加え、ピロリ菌や、ストレス、
遺伝子異常なども胃がんの発症と関わっていると考えられています。
食事面や喫煙、飲酒においては、自分で予防することも可能です。
まずは、自分でできることから始めてみましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る