末期症状

末期症状

胃がんの末期症状としては、
体重の急激な減少、食欲がなくなる、
吐血や嘔吐、腹水といったものがあります。

 

そして、末期と言われる状態であっても、
人によって症状は異なり、
手術を行うことができるケースもあります。
ですから、末期と告知されただけで、
あきらめる必要はありません。
ステージ4の患者さんであっても、
がんを切除することができれば、
15%程度の方は、治っています。

 

そうはいっても、転移の状態によっては、
手術ができない場合もあります。
このように、手術によって切除することができない場合には、
抗がん剤を中心とした治療を行うことになります。
このように、末期がんと言っても、
人によって状況の違いはあるので、
まずは、自分の状態を把握し、
今の状況にあった治療を選択する必要があります。

 

そして、末期がんの場合、
余命を宣告されるケースも考えられます。
そのような状況におかれると、
ショックのあまり力を落としてしまうことでしょう。
しかし、限られた時間をそのまま何もしないで過ごすのは、
もったいない気がします。
それより、その間、どのように過ごしたいか、
どのような治療をおこなっていくかについて、
希望を伝えておくことが大切です。
実際、担当医から言われた年月より、
長く生きているかたもいらっしゃいます。

 

また、セカンドオピニオンを受けるという選択肢もあります。
時としては、担当医によって、
見解が異なることも考えられます。
その他、がんによる回復が困難な状況であったとしても、
がん特有の苦痛感を和らげるための治療法もあります。
その1つの選択肢として、モルヒネもあります。

 

また、生活環境面においても、
病院を離れて自宅で過ごすという方法もあります。

 

このように、末期がんと言われても、
治療方法から生活面まで、さまざまな選択肢があります。
希望があれば早めに伝え、
限られた時間を有意義に過ごすことを考えておきましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る