病院の選び方

病院の選び方

がんの疑いがあると診断され、
その後、この病院、この担当医で良いのだろうか・・・と、
不安や迷いを感じる方は少なくありません。
そのようなとき、どのような基準で、
どこの病院を選択すればよいのでしょうか。

 

まず、病院の種類として、厚生労働省が認可する特定機能病院と、
一般病院、療養型病床群に分けられます。

 

これらの病院の特徴は、特定機能病院が、
高殿専門的医療を提供する病院で、
大学病院や国立がんセンターなどになります。
受診をしたい場合、紹介状が必要になります。

 

そして、一般病院といわれるものは、総合病院ともいわれ、
全国にあるほとんどの病院がこれに属します。
さまざまな受診科がそろっており、
がんの診断や治療も行われています。
しかし、病院の規模によっては、
高度ながん治療には不向きな病院もあるので、
そのあたりを見極める必要があります。

 

最後の療養型病床群は、介護機能を高めた病院です。
ここでは、長期入院が必要な患者さんや、
高齢者の方を受け入れます。
ですから、がんの治療を受けた後、
介護が必要な患者さんが、ここに移ることもあります。

 

このように、現在通っている病院が、
どのような治療に向いている病院かを知ることが第一歩です。
そして、病状や治療段階に応じて、
自分に合った病院で、治療を受けることが大切です。

 

また、信頼できる担当医であることも、
治療を受けていくうえで重要です。
病状の説明や治療方針を話し合う中で、
質問に対して誠実に答えてもらえるのか、
看護婦やスタッフとのやり取りから見える仕事ぶりなど、
安心して任せることのできる医師であるのか知っておくことも大切です。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る