症状別の対策方法

症状別の対策方法

ダンピング症状、下痢など、胃がんの特徴的な症状に対して、食事の面で、どのようなことに気をつければ症状が緩和するのかを、知ることができます。

症状別の対策方法記事一覧

ダンピング症状

ダンピング症状とは、どのようなものなのでしょうか。ダンピング症状には、早期と後期があります。早期の場合、冷や汗や動悸、めまい、脱力感、頭痛などが考えられます。そして、後期の場合、食後2時間から4時間の間に、全身の倦怠感や震え、発汗などの症状が感じられ、時には、低血糖を起こすこともあります。これらの症状は、食べ物が、腸へ急に落下することで起こります。このような症状を緩和するためには、いくつかの方法があります。まず、ゆっくり食べることが重要です。早期のダンピング症状は、早食いが原因で起こることがあります。ですから、食事には時間をかけて、ゆっくり食べましょう。また、栄養状態も影響します。ですから、高...
続きはコチラ

下痢

下痢を起こした時は、どのような食事を摂れば良いのでしょうか。胃の手術後は、下痢を起こすこともあります。また、人によっては、食事の通りが悪くなったり、下痢だけでなく、便秘になる場合も考えられます。手術後、食事をするたびに、お腹の調子が悪くなると、不安になったり、神経質になってしまうことも考えられます。そのような場合でも、焦らないで、徐々に体を慣らしていきましょう。このように、胃の手術後、下痢を起こすのは、胃を一部、あるいは全部取り除いたことによって、食べ物が、小腸を急速に通過するために起こる症状です。また、消化や吸収が上手くいかなくなったり、胃酸の分泌量が減り、細菌が増殖することによって起こりま...
続きはコチラ

貧血

それでは、貧血を起こした時は、どのような食事を心がければ良いのでしょうか。胃の手術後、食事の時に不快な症状を伴うことは、多々ありますが、その中でも、貧血は、ダンピング症状に次いで、よく起こる症状です。特に、胃を全摘出された方は、血液をつくるために必要なビタミンB12と、葉酸の吸収が困難になるため、貧血を起こしやすくなります。このような場合、食事で鉄分を積極的に補給することが大切です。そして、造血効果のあるビタミンや、ミネラルを多く含む食品も摂りましょう。まず、牛、豚、鶏のレバーには、豊富な鉄分が含まれます。これらの動物性の鉄分は、ヘム鉄で、体内での吸収率が高く、効率よく鉄分を摂取することができ...
続きはコチラ

体重減少

胃がんの患者さんは、体重減少を気にされる方が、たくさんいらっしゃいます。一般的には、手術後から入院中の間で、約10%程度の体重減少が起こります。そして、退院後は、入院中と比べると運動量も増える為、さらに10%程度は、減少します。胃がんの手術後に体重が増えることはほとんどなく、数年たっても、増加する人は、ほとんどいらっしゃいません。胃がんの患者さんの中には、体重を増やすことを望む方が、たくさんいらっしゃいますが、体重の多さと、健康は決して比例しません。むしろ、やや痩せている方が、健康的と言えます。ですから、体重を増やすことに熱心になるより、効率よく栄養をとることに気を配るようにしましょう。まず、...
続きはコチラ

食欲不振

それでは、食欲が出ない場合は、どのようにしたらよいのでしょうか。手術後は、食欲がでないことも、しばしばあります。そのようなとき、料理に少し工夫をすることで、食欲が出てくることもあります。ここでは、食欲がない時に、食欲を沸かせるコツを紹介します。まず、料理に酸味を加えてみましょう。お酢を使った酢の和え物、梅肉を使った料理、料理にレモンをかけて食べるなど、さっぱりとした味付けにすると、食欲が出てきます。そして、料理に香りを加えることも効果的です。ゆずや青じそ、木の芽など、さわやかな香りは、食欲増進の効果があります。また、盛り付けを工夫することも大切です。人は、目から受ける印象によって、気持ちが変わ...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る