ダンピング症状

ダンピング症状

ダンピング症状とは、どのようなものなのでしょうか。

 

ダンピング症状には、早期と後期があります。
早期の場合、冷や汗や動悸、めまい、
脱力感、頭痛などが考えられます。

 

そして、後期の場合、食後2時間から4時間の間に、
全身の倦怠感や震え、発汗などの症状が感じられ、
時には、低血糖を起こすこともあります。

 

これらの症状は、
食べ物が、腸へ急に落下することで起こります。
このような症状を緩和するためには、
いくつかの方法があります。

 

まず、ゆっくり食べることが重要です。
早期のダンピング症状は、
早食いが原因で起こることがあります。
ですから、食事には時間をかけて、
ゆっくり食べましょう。

 

また、栄養状態も影響します。
ですから、高タンパク質で、脂肪分の多い食品を、
できるだけ取り入れるようにしましょう。

 

そして、水分はなるべく控えることが大切です。
そのうえで、飲むときはゆっくりと、
少量ずつ飲むと、症状が緩和されます。
また、>飲み物の温度も重要です。
熱過ぎず、冷たすぎない適温のものを、
飲むようにしましょう。

 

その他、食間に起こすダンピング症状は、
低血糖が考えられます。
このようなときは、飴をなめたり、
チョコレートを食べると効果があります。

 

このように食事の時、いくつか気をつけることにより、
ダンピング症状を緩和することができます。
できることから取り入れて、症状を軽くしましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!

ダンピング症状関連ページ

下痢
貧血
体重減少
食欲不振

このページの先頭へ戻る