下痢

下痢

下痢を起こした時は、
どのような食事を摂れば良いのでしょうか。

 

胃の手術後は、下痢を起こすこともあります。
また、人によっては、食事の通りが悪くなったり、
下痢だけでなく、便秘になる場合も考えられます。

 

手術後、食事をするたびに、お腹の調子が悪くなると、
不安になったり、神経質になってしまうことも考えられます。
そのような場合でも、焦らないで、
徐々に体を慣らしていきましょう。

 

このように、胃の手術後、下痢を起こすのは、
胃を一部、あるいは全部取り除いたことによって、
食べ物が、小腸を急速に通過するために起こる症状です。
また、消化や吸収が上手くいかなくなったり、
胃酸の分泌量が減り、細菌が増殖することによって起こります。

 

このような場合、食事にいくつかの工夫をすると、
症状が緩和されます。

 

まず、脂肪分を控えた食事にしましょう。
そして、繊維質が多く含まれる食材も、
避けるように心がけてください。

 

下痢の原因として、胃液が不足している場合も考えられます。
そのようなときは、食前にレモンを食べるなど、
酸の補給をすると、消化液の分泌を促すことができます。

 

そして、下痢が続くと、全身の栄養状態も悪くなります。
それを防ぐためには、
たんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。

 

このように、食事の時、いくつか工夫することによって、
症状を緩和することも可能です。
そして、胃の手術後は、食事の回数を増やし、
少量ずつゆっくり食べることが重要です。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る