貧血

貧血

それでは、貧血を起こした時は、
どのような食事を心がければ良いのでしょうか。

 

胃の手術後、食事の時に不快な症状を伴うことは、
多々ありますが、
その中でも、貧血は、ダンピング症状に次いで、
よく起こる症状です。

 

特に、胃を全摘出された方は、
血液をつくるために必要なビタミンB12と、
葉酸の吸収が困難になるため、
貧血を起こしやすくなります。
このような場合、
食事で鉄分を積極的に補給することが大切です。
そして、造血効果のあるビタミンや、
ミネラルを多く含む食品も摂りましょう。

 

まず、牛、豚、鶏のレバーには、豊富な鉄分が含まれます。
これらの動物性の鉄分は、ヘム鉄で、体内での吸収率が高く、
効率よく鉄分を摂取することができます。
また、鉄分を摂取する際に、
動物性のたんぱく質も同時に食べると、
より効果が上がります。

 

その他、緑黄色野菜も、鉄分を含みます。
しかし、野菜の鉄分は、非ヘム鉄で、
体内に吸収しにくいという欠点があります。
そのような場合でも、動物性のたんぱく質とともに摂取することで、
吸収がよくなります。
ですから、食事の時、食べ合わせも工夫することをお勧めします。

 

そして、あまりにも貧血がひどい場合は、
鉄を含む薬を摂取するという方法もあります。
まずは、食事でできるだけ鉄分を効率よく摂取する方法で、
症状の緩和をはかり、
それでも、症状が改善されない場合は、医師の指導のもと、
薬を取り入れることも考えましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る