手術後の食生活

手術後の食生活

手術を受けた後の食事の始め方から、食事をする際の注意点など、術後の食事に関するポイントを知ることができます。

手術後の食生活記事一覧

術後の食事のはじめ方

手術後は、胃が小さくなったり、あるいは、なくなっている場合もあるので、今までと同じように食べることは、難しくなります。そして、一度に食べられる量も、限られてしまいます。ですから、食事の回数を増やして、少しずつエネルギーを摂り、体を慣らしていくことが大切です。そこで、手術後の食事の進め方について紹介します。まず、術後1カ月から2カ月の間は、食事の回数を、6回から7回に増やしておきます。そして、エネルギー量は、1400kcalから1600kcalを目標に、摂取するようにしましょう。第二段階として、術後2〜3カ月の間は、食事の回数を5回から6回程度に減らします。そして、エネルギー量は、1600kca...
続きはコチラ

術後の食事の注意点

手術後は、一度に食べられる量も減り、今までと同じような食事をすることは、難しくなります。しかし、そのままの状態にしておくと、栄養不足を招き、手術後の傷の治りも、悪くなってしまいます。ですから、食事方法を工夫して、少しずつ体を慣らしていくことが大切です。まず、手術後は、食事の量が減るため、バランス良く栄養をとることが、難しくなってきます。そのような場合、できるだけ高エネルギーで、高タンパク質のものを摂り、効率よく栄養を摂るように工夫しましょう。そして、食べる順序としては、固形物から食べ、液体は後から食べるようにします。一見、反対のように感じられますが、先に液体をとってしまうと、すぐに満腹になり、...
続きはコチラ

全摘出手術後

胃を全摘出した場合、今まで胃で消化されていた食べ物が、消化されないまま直接腸に流れます。ですから、手術前と同じように、食べ物を摂取できるわけではありません。しばらく体が慣れるまで、食事の際、いくつかの点に気をつけながら、食事を進めていきましょう。まず、衛生面には、今まで以上に注意しましょう。胃から分泌されていた消化液の胃酸は、強い殺菌効果があります。しかし、胃がなくなってしまうと、このような働きができなくなるため、食物についた細菌が腸内で繁殖することが考えられます。そのような場合、下痢を起こすこともあります。特に、牛乳や卵、お刺身など、生で食べるものには注意が必要です。できるだけ新鮮で、衛生面...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る