術後の食事のはじめ方

術後の食事のはじめ方

手術後は、胃が小さくなったり、あるいは、
なくなっている場合もあるので、
今までと同じように食べることは、難しくなります。
そして、一度に食べられる量も、限られてしまいます。

 

ですから、食事の回数を増やして、少しずつエネルギーを摂り、
体を慣らしていくことが大切です。
そこで、手術後の食事の進め方について紹介します。

 

まず、術後1カ月から2カ月の間は、
食事の回数を、6回から7回に増やしておきます。
そして、エネルギー量は、
1400kcalから1600kcalを目標に、
摂取するようにしましょう。

 

第二段階として、術後2〜3カ月の間は、
食事の回数を5回から6回程度に減らします。
そして、エネルギー量は、
1600kcalから1800kcalを目標に、
摂取するようにしましょう。

 

第三段階として、3カ月から1年くらいの間は、
食事回数を4、5回にわけ、
エネルギー量を1800kcal以上摂れるように、
増やしていきます。

 

このように、1年程度かけて、
ゆっくり慣らしていくことが大切です。

 

その間には、さまざまな症状に、
悩まされることもあるでしょう。
時には、食事が嫌になることも、あるかもしれません。
しかし、時間をかけて食事を進めていけば、
体も慣れて、楽しみながら食事を摂れるようになります。
あまり神経質になる必要もありませんが、
根気よく続けていきましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!

術後の食事のはじめ方関連ページ

術後の食事の注意点
全摘出手術後

このページの先頭へ戻る