胃がんの予防対策

胃がんの予防対策

胃がんにならないためには、どのようなことに気を配れば良いのか。ここでは、胃がんの予防方法や再発防止の方法、転移しやすい場所や、転移しにくくする方法を知ることができます。

胃がんの予防対策記事一覧

予防方法とは?

がんは、生活習慣病であるということが言われるようになり、それに伴い、生活面の見直しが、予防に効果があると分かってきました。そこで、がんを予防するために、どのような生活を送ればよいかを、考えてみましょう。がん予防のために必要なことを大きく分類すると、食事、運動、規則正しい生活となります。まず、太り過ぎず、やせ過ぎず、理想体重を保つことが、健康に繋がります。そして、生活の中に適度な運動を取り入れましょう。毎日1時間程度のウォーキングも、必要な運動量として適当です。人は、運動不足になると、がんにかかりやすいと言われています。運動は、免疫力を高める効果があり、ホルモンの調子も整え、リラックス効果を得る...
続きはコチラ

早期発見するために

がんの早期発見をする為には、定期的に検査や、検診を受ける必要があります。まだ、一度もがんと診断されたことがない方は、人間ドッグや健康診断などを利用して、年に1度はチェックするようにしましょう。そして、一度でもがんと診断され、完治した方は、退院後の定期検診を受けることが、早期発見につながります。まず、がんで入院した場合、退院後も、医師の指示のもと、外来通院を行うことになります。一般的には退院した後、10日後から2週間の間に、最初の受信日が設定されることになります。特に継続的な治療が必要ない場合であれば、次は1カ月後、3カ月後というように、徐々に間隔があいていきます。その後、手術から5年間は、定期...
続きはコチラ

再発をしないために

胃がんの再発予防のためには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?一度、胃がんを経験したということは、胃がんになりやすい何らかの要素を持っている可能性が、高いということになります。しかし、がんになる要素は1つではなく、いくつもの要素が複雑に絡み合っており、これが原因であると、はっきり限定することも困難です。ですから、再発予防のために、できることから始めていきましょう。まず、食生活の改善と、生活環境の見直しをする必要があります。胃がんの手術後の生存率と、食生活を調べたがんセンターのデータによると、野菜や大豆製品の摂取量が多い患者さんは、がん治療後の予後が、良好であるという結果がでています。...
続きはコチラ

転移について

それでは、胃がんの転移にはどのようなケースがあり、どのように予防すればよいのでしょうか。胃がんの転移には、リンパ行性転移、血行性転移、腹膜転移などがあります。なかでも、リンパ行性転移が最も多く、胃壁の外側の漿膜を突き抜け、周囲のリンパ節に広がっていく転移のことを言います。がんがリンパ節に転移した場合でも、広範囲でなければ、手術で取り除くことが可能です。しかし、リンパ節は、取り過ぎてしまうと、免疫力の低下したり、抵抗力がなくなります。そのため、このリンパ節の転移は、限られた範囲の場合であれば、手術して切除することも可能ですが、広がった場合、全てを取り除くことはできません。血行性転移は、血管を通っ...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る