早期発見するために

早期発見するために

がんの早期発見をする為には、
定期的に検査や、検診を受ける必要があります。
まだ、一度もがんと診断されたことがない方は、
人間ドッグや健康診断などを利用して、年に1度はチェックするようにしましょう。

 

そして、一度でもがんと診断され、完治した方は、
退院後の定期検診を受けることが、
早期発見につながります。

 

まず、がんで入院した場合、退院後も、
医師の指示のもと、外来通院を行うことになります。
一般的には退院した後、10日後から2週間の間に、
最初の受信日が設定されることになります。

 

特に継続的な治療が必要ない場合であれば、
次は1カ月後、3カ月後というように、
徐々に間隔があいていきます。
その後、手術から5年間は、
定期健診を受けるようにします。

 

がんは、手術で完全に取り除くことができたとしても、
再発の可能性があります。
そして、胃がんの場合であれば、
術後1年以内に見つかることも多々あります。
その他のがんについても2〜3年以内が多いので、
体の調子が良くなったと感じられても、
少なくとも最初の5年くらいは、
医師の指示通り、決められた日に受診しましょう。

 

このように、がんの早期発見は、
定期健診をきちんと受けることが最良の方法です。
中には、患者さんが自分の病名を知らないまま、
がんの治療を行うケースもあります。
そのような場合、本人に、自覚がないため、
定期検診もおろそかになりがちです。
そういったケースの時は、家族が声をかけ、
受診を進めるように心がけましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!

早期発見するために関連ページ

予防方法とは?
再発をしないために
転移について

このページの先頭へ戻る