転移について

転移について

それでは、胃がんの転移にはどのようなケースがあり、
どのように予防すればよいのでしょうか。

 

胃がんの転移には、リンパ行性転移、
血行性転移、腹膜転移などがあります。

 

なかでも、リンパ行性転移が最も多く、
胃壁の外側の漿膜を突き抜け、
周囲のリンパ節に広がっていく転移のことを言います。
がんがリンパ節に転移した場合でも、
広範囲でなければ、手術で取り除くことが可能です。

 

しかし、リンパ節は、取り過ぎてしまうと、免疫力の低下したり、
抵抗力がなくなります。
そのため、このリンパ節の転移は、限られた範囲の場合であれば、
手術して切除することも可能ですが、
広がった場合、全てを取り除くことはできません。

 

血行性転移は、血管を通って転移します。
この場合、肝臓の転移が最も多く、
肺や骨髄、脳への転移の可能性もあります。
肝臓に転移した場合、胃にあったがんが完全に取りきれていて、
肝機能や全身状態が良好な場合は、手術を行うことも可能です。
しかし、できない場合は、
抗がん剤を使った治療や化学療法を行います。

 

腹膜転移は、漿膜を突き抜け腹膜にまで侵入したがんが、
腹膜内に転移したものです。
この場合、おなかに腹水がたまり、
完全に治すことが不可能です。

 

このように、胃がんが転移して、
リンパ節や他の臓器まで広がると、
治療が困難になり、身体機能を損なうケースや、
場合によっては、命を落とすことも考えられます。
ですから、転移を起こす前に、
できるだけ予防することが大切です。

 

そして、胃がんの転移を防ぐためには、
早めに放射線療法や、抗がん剤治療をはじめておくことも、
1つの方法です。
こうすることで、がんの進行を、
わずかでも遅らせることができます。
そして、毎日の食事に気を配ることも、効果があります。
転移を起こす前に、できる予防はしておきましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る