胃がん治療中の食事

胃がん治療中の食事

胃がんの治療中には、どのような食事を心がければよいのか・・・。治療中の食事で注意するべきことや、お勧めの食材など、食事に関するさまざまな情報を得ることができます。

胃がん治療中の食事記事一覧

治療効果のある食事とは?

胃がんの治療中には、どのような食事を摂れば良いのでしょうか。治療の効果をあげるためには、少しでも体力をつけ、免疫力を低下させないようにすることが大切です。そのためには、できるだけ色々なものを食べ、バランスの良い食事を心がけましょう。まず、エネルギー源である穀物は、退院直後であれば、おかゆや軟らかいごはん、トーストしたパン、うどんが食べやすい食品です。退院して、しばらくたった頃になると、そばやマカロニなども、食べることができます。そして、退院3カ月を過ぎると、スパゲティーやお寿司、赤飯やラーメンも少量であれば、食べても構いません。次に、たんぱく質である魚や肉、豆製品は、退院直後の場合、白身魚、か...
続きはコチラ

食事における注意点

胃がんの治療中には、どのような点に気をつけながら食事をすれば良いのでしょうか。まず、穀物については、おかゆから始め、少しずつ慣らしていく必要があります。うどんなど、麺類でも食べやすいものはありますが、早食いをしてしまうことがあるので、ゆっくり食べるように気をつけましょう。たんぱく質については、魚介類の中では、貝類は消化に悪いので、できるだけ避けるようにします。そして、肉類であれば、脂肪分の多いベーコンやバラ肉、ハム、コーンビーフなどは、しばらく食べないように気をつけましょう。また、調理をするときには、焦げないように、火の通し方に気を配ることが大切です。豆類に関しては、大豆そのものは消化が悪いの...
続きはコチラ

食べやすい調理法

それでは、どのような調理法をすれば、食べやすくなるのでしょうか。とくに、手術後間もない頃には、消化の良いもを食べたり、消化を良くする工夫が大切です。消化不良を避けるためには、刻む、裏ごしをする、つぶす、すりおろす、ミキサーにかける、煮るなどの方法が、食べやすくなります。なかでも、消化の良いメニューとして、お勧めのものが、いくつかあります。まず、ロールキャベツをお勧めします。この料理は、キャベツが胃腸を丈夫に保ち、ひき肉は柔らかく煮込むので、食べやすくなっています。そして、マカロニグラタンや、牛乳なべなどの乳製品をつかった料理も、消化が良いので、メニューに取り入れてみてください。その時は、ホワイ...
続きはコチラ

必要な栄養素

胃がんの治療中は、どの栄養素を、どれくらい摂取すればよいのでしょうか?胃がんの治療中といっても、手術前と手術後、また、退院してからと、状況によっても、必要なエネルギー量は異なります。しかし、体にとって良い食品の選び方や、必要な栄養素は似通っています。ですから、必要に応じて、それぞれの栄養素を摂取するときの参考に、役立てていただければと思います。まず、ごはんやパンといった穀物はエネルギーにもなり、体温を保つためにも必要な栄養なので、三度の食事にはできるだけ主食として取り入れましょう。そして、魚や肉、豆腐などの良質のたんぱく質は、傷を治したり、体力の回復を手助けしてくれます。ですから、献立には積極...
続きはコチラ

おすすめの食材

それでは、胃がんの治療中におすすめの食材とは、どのようなものがあるのでしょうか?まず、ごはんやパン、麺類といった穀物は、力のもとになるので、主食としてお勧めです。しかし、おかゆや麺類などは、あまりかまずに食べてしまうことがあるので、意識してゆっくり食べることが必要です。ただし、穀物の中でも、お赤飯やラーメンは、しばらく控えた方が無難です。そして、魚や肉類、大豆製品などのたんぱく質は、体力の回復にも貢献してくれます。できることなら、1日あたり70から80グラムのたんぱく質を、摂取することをお勧めします。しかし、同じものばかりから摂ると、栄養が偏ってしまうので、さまざまな食品から摂るように心がけま...
続きはコチラ

健康食品

それでは、胃がんに効果的なサプリメントとは、どのようなものがあり、どのようなものを選べばよいのでしょうか。胃の手術後には、胃を切ったために、胃の働きが悪くなり、いくつかの症状に悩まされることがあります。代表的な症状として、鉄分や葉酸、ビタミンが不足することにより、貧血をおこしてしまうことがあります。そして、カルシウムの吸収が悪くなったり、ビタミンDの吸収障害が起こることもあります。その結果、長期的にみると、骨の障害を引き起こすことにもつながります。このような、症状を緩和する為にも、必要な栄養を摂る必要があります。そのためには、バランスの良い食事を摂ることが大切です。しかし、それだけでは、必要な...
続きはコチラ

化学療法中の食事

化学療法中の食事は、どのようなものを食べれば良いのでしょうか。化学療法を行うと、患者さんは、さまざまな副作用に悩まされることが考えられます。患者さんの状態によって使用する薬も異なり、また、体質によっても副作用の現れ方は様々ですが、なかでも、主な症状としては、食欲減退、吐き気、嘔吐、脱毛などの症状があらわれます。そして、化学療法中は、白血球が減少して、感染を起こしやすくなったり、血小板が減少して出血しやすくなることも考えられます。また、赤血球が減少して、貧血を起こしやすくなる場合があります。このような状況のなかで、どのような食事をすれば良いのか、果たして食事を楽しむことができるのか悩みますよね。...
続きはコチラ

末期がん患者の食事

末期がんになると、治療の副作用で、吐き気や味覚の変化、下痢、便秘などの症状がおこり、食欲がなくなることがあります。また、体力がなくなって、抵抗力が低下すると、口内炎ができたり、飲み込み辛くなったりします。このように、末期がんでは、食事も固形物、流動食、水分の順に、口から食べることも難しくなってきます。そのような場合、点滴を受けたり、中心静脈栄養法や経管栄養法などから、栄養を摂る方法もあります。しかし、できることなら、少しでも食事を摂れるようにしたいものですよね。そこで、患者さんが食べやすいように、食事の際に、少し工夫をしてみることをお勧めします。まず、冷たいものは食べやすい傾向があります。冷め...
続きはコチラ

食事指導

胃がんの場合、健康だったときと比較すると、食生活が大きく変化するため、手術後や退院時期になると、多くの病院では、食事指導が行われます。ですから、退院後の食生活に対して、不安を感じている人や、わからないことがある人は、しっかり聞いておくようにしましょう。病院の食事指導は、その時点の患者さんの状態によっても異なりますが、主に食事の回数や、食べるときの注意点などについてお話があります。まず、胃の手術後は、一度に食べられる量が減っているので、食事回数を増やすことになります。その場合、3食に加え、10時や3時の間食で補うことをお勧めします。そして、胃を全摘出した場合は、胃の働きがなくなるため、ダンピング...
続きはコチラ

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る