食べやすい調理法

食べやすい調理法

それでは、どのような調理法をすれば、
食べやすくなるのでしょうか。
とくに、手術後間もない頃には、消化の良いもを食べたり、
消化を良くする工夫が大切です。

 

消化不良を避けるためには、刻む、裏ごしをする、つぶす、すりおろす、
ミキサーにかける、煮るなどの方法が、食べやすくなります。
なかでも、消化の良いメニューとして、
お勧めのものが、いくつかあります。

 

まず、ロールキャベツをお勧めします。
この料理は、キャベツが胃腸を丈夫に保ち、
ひき肉は柔らかく煮込むので、食べやすくなっています。

 

そして、マカロニグラタンや、
牛乳なべなどの乳製品をつかった料理も、
消化が良いので、メニューに取り入れてみてください。
その時は、ホワイトソースを柔らかめにつくることで、
さらに、消化がよくなります。

 

また、鶏レバーの串焼きは、鉄分やビタミンが豊富で、
消化の良いメニューです。
レモンをかけて食べると、さっぱりして、
より食べやすくなります。

 

その他、山かけを使った料理や、
つみれ、卵とじなども柔らかく、食べやすい料理です。

 

そして、味付けは、全体的に薄味にしましょう。
強い甘みや、塩分は胃壁に刺激を与えてしまいます。
ですから、できるだけ避けるように心がけてください。

 

このように、患者さんが食べやすくなるように調理し、
消化の良いメニューを取り入れると、
術後に出やすい症状を、緩和することも可能です。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る