必要な栄養素

必要な栄養素

胃がんの治療中は、
どの栄養素を、どれくらい摂取すればよいのでしょうか?

 

胃がんの治療中といっても、手術前と手術後、
また、退院してからと、状況によっても、
必要なエネルギー量は異なります。

 

しかし、体にとって良い食品の選び方や、
必要な栄養素は似通っています。
ですから、必要に応じて、
それぞれの栄養素を摂取するときの参考に、
役立てていただければと思います。

 

まず、ごはんやパンといった穀物はエネルギーにもなり、
体温を保つためにも必要な栄養なので、
三度の食事にはできるだけ主食として取り入れましょう。

 

そして、魚や肉、豆腐などの良質のたんぱく質は、
傷を治したり、体力の回復を手助けしてくれます。
ですから、献立には積極的に取り入れるようにしましょう。
その際、牡蠣以外の貝類は消化が悪いので、
避けるようにしましょう。
また、練りものや干物は塩分も高めなので、
やめておいた方が無難です。

 

肉類に関しては、脂肪分の多いベーコンやバラ肉、
ハムなどはしばらくは控えておきましょう。

 

そして、牛乳や卵といったたんぱく質は、消化も良いので、
積極的に食事に取り入れるようにしても大丈夫です。

 

その他、野菜や海藻類については、
ビタミンやミネラルの補給ができます。
ごぼうやタケノコ、セロリなどの繊維が多い野菜については、
消化があまりよくないので、細かく刻んで使うようにしましょう。

 

そして、繊維質の多い海藻については、
少量のワカメやのりは構いませんが、
昆布やヒジキはしばらくやめておくことをお勧めします。

 

このように、健康体であれば良さそうなものでも、
消化の良くないものもあります。
ですから、胃に優しいかどうかに気を配りながら、
必要な栄養素を摂るように心がけましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る