おすすめの食材

おすすめの食材

それでは、胃がんの治療中におすすめの食材とは、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、ごはんやパン、麺類といった穀物は、
力のもとになるので、主食としてお勧めです。
しかし、おかゆや麺類などは、
あまりかまずに食べてしまうことがあるので、
意識してゆっくり食べることが必要です。
ただし、穀物の中でも、お赤飯やラーメンは、
しばらく控えた方が無難です。

 

そして、魚や肉類、大豆製品などのたんぱく質は、
体力の回復にも貢献してくれます。
できることなら、1日あたり70から80グラムのたんぱく質を、
摂取することをお勧めします。
しかし、同じものばかりから摂ると、栄養が偏ってしまうので、
さまざまな食品から摂るように心がけましょう。

 

魚は、脂肪の少ない白身魚を使います。
肉類も、脂肪の少ない赤身を摂取しましょう。
鶏肉の場合であれば、
ささみのような脂肪が少ない部位を選びます。
その他、レバーは消化も良く、貧血予防にもなるので、
積極的に摂りたい食品の1つです。

 

牛乳や卵は、消化も良いので、毎日とっても構いません。
ただし、牛乳は、満腹感があるので、
間食に飲む方が良いでしょう。

 

野菜、海藻類においては、繊維質の多いものは消化が悪いので、
手術後などは避け、症状が落ち着いてからにすることをお勧めします。
果物に関しても、繊維質が少なく、
やわらかいものから食べることが大切です。
とくに、体の調子が回復していない時期は、
加熱したコンポートやももの缶詰などが最適です。

 

このように、胃がんの治療中に関しては、
消化の良いものを中心に、ゆっくりよくかんで食べることが大切です。
食事時間をたっぷりとって、ゆとりをもって食事をしましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る