化学療法中の食事

化学療法中の食事

化学療法中の食事は、
どのようなものを食べれば良いのでしょうか。

 

化学療法を行うと、患者さんは、
さまざまな副作用に悩まされることが考えられます。
患者さんの状態によって使用する薬も異なり、
また、体質によっても副作用の現れ方は様々ですが、
なかでも、主な症状としては、
食欲減退、吐き気、嘔吐、脱毛などの症状があらわれます。

 

そして、化学療法中は、白血球が減少して、
感染を起こしやすくなったり、
血小板が減少して出血しやすくなることも考えられます。
また、赤血球が減少して、
貧血を起こしやすくなる場合があります。

 

このような状況のなかで、どのような食事をすれば良いのか、
果たして食事を楽しむことができるのか悩みますよね。
そこで、少しでも症状を緩和し、
食べやすいお勧めの食材をいくつか紹介します。

 

まず、吐き気がある時は、生姜がお勧めです。
生姜には、殺菌効果や、吐き気を抑える作用があります。
梅やエンドウ豆、にら、みかんなどにも、
吐き気に対して、同様の効果があります。

 

そして、食欲がない時は、酸味をきかせたり、
料理に香りをつけることも効果的です。
特に、ゆずやレモンといったさわやかな香りは、
食欲をそそることでしょう。

 

また、貧血気味の時は、
鉄分の多い牛や豚、鶏のレバーがお勧めです。

 

その他、血液をつくるために必要なビタミン、
ミネラルを多く含む食品には、
卵や乳製品、サバやイワシなどの魚類、
野菜や果物でいえば、かぼちゃやブロッコリー、
バナナやキウイフルーツ、
イチジクなども効果があります。

 

このように、副作用によって、さまざまな症状があり、
食事をすることも、苦痛に感じる場合があると思いますが、
少しでも食べられる物を食べて栄養を摂り、
体力をつけるようにしましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る