末期がん患者の食事

末期がん患者の食事

末期がんになると、治療の副作用で、吐き気や味覚の変化、
下痢、便秘などの症状がおこり、食欲がなくなることがあります。
また、体力がなくなって、抵抗力が低下すると、
口内炎ができたり、飲み込み辛くなったりします。
このように、末期がんでは、食事も固形物、流動食、水分の順に、
口から食べることも難しくなってきます。

 

そのような場合、点滴を受けたり、
中心静脈栄養法や経管栄養法などから、
栄養を摂る方法もあります。

 

しかし、できることなら、
少しでも食事を摂れるようにしたいものですよね。
そこで、患者さんが食べやすいように、
食事の際に、少し工夫をしてみることをお勧めします。

 

まず、冷たいものは食べやすい傾向があります。
冷めても、おいしく食べられるようなメニューを考えてみましょう。

 

そして、口内炎があることによって食べ辛い場合は、
できるだけ、歯磨きやうがいを頻繁に行うようにします。
こうすることで、粘膜の荒れを予防することが可能です。

 

また、嚥下障害がある場合は、食材を細かく刻んだり、
とろみをつけると食べやすくなります。
プリンやゼリー、茶碗蒸しなども食べやすいので、
お勧めの食品です。

 

このように、末期がんになると、
食事をすることさえ困難になります。
しかし、食事は、栄養補給だけでなく、
生活の楽しみの1つでもあります。
できるだけ、患者さんが食事をしたいと思える環境作りをしてあげましょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る