食事指導

食事指導

胃がんの場合、健康だったときと比較すると、
食生活が大きく変化するため、
手術後や退院時期になると、
多くの病院では、食事指導が行われます。

 

ですから、退院後の食生活に対して、
不安を感じている人や、わからないことがある人は、
しっかり聞いておくようにしましょう。

 

病院の食事指導は、その時点の患者さんの状態によっても異なりますが、
主に食事の回数や、食べるときの注意点などについてお話があります。

 

まず、胃の手術後は、一度に食べられる量が減っているので、
食事回数を増やすことになります。
その場合、3食に加え、
10時や3時の間食で補うことをお勧めします。

 

そして、胃を全摘出した場合は、胃の働きがなくなるため、
ダンピング症状という低血糖が起こります。
それを防ぐためには、
ゆっくり唾液と混ぜ合わせながら食べることが大切です。

 

そして、水分を摂り過ぎないようにしましょう。
水分で流し込みながら食事をすると、胃に負担がかかります。

 

また、食後は食べたものが逆流しないように、
上半身を少しあげた状態で、休むことをお勧めします。

 

このように、食事の摂り方に関しては、
今までと同じというわけにはいかないので、
しばらくは、気を配る必要があります。

 

食材に関しては、栄養のバランスがとれていて、
消化の良いものであれば、
好きなものを食べても構わないという指導がされています。

 

しかし、術後はすぐに満腹感を感じ、
少しでも食べ過ぎてしまうと気持ちが悪くなったりするので、
思うようには食べられないかもしれません。

 

しかし、胃のない生活であっても、体も徐々に慣れてきて、
時が来れば、食事を楽しめるようになることでしょう。

食事で病気に負けない強い体を作る!

癌克服

ガンで死亡する要因の3分の1が「食事」
だからこそ食事から改善していくことが大事!

電子書籍サイトでランキング1位になった
ガンの食事療法マニュアルが大公開!

 私も食事でガンと闘う!


このページの先頭へ戻る